歯の矯正費用を安くする方法。最近流行りの部分矯正とは?

歯並びが気になっていても、時間や費用がたくさんかかってしまいそうと感じて中々踏み出せないでいませんか?
特に前歯の歯並びはお顔の印象を大きく左右するとも言われ、歯並びが悪いと気になっている人も多いと思います。
そんな前歯だけや一部分だけ気になっている人におススメの矯正が部分矯正です。

部分矯正であれば、全体矯正に比べ費用や治療期間も短縮することができて人気になってきています。
ただ、どんな歯並びでもできる矯正ではないのです。
それでは部分矯正のメリットやデメリット、費用など詳しくご説明します。

1.部分矯正とは?メリットやデメリットについて

部分矯正とは全体的に装置をつける全体矯正と違い、一部分だけ矯正をしていく方法です。
矯正方法も一般的に広く行われているブラケットと言われる装置を使用して行う方法やマウスピースによる矯正、裏側に装置をつける裏側矯正など様々な治療があります。

歯並びによって向いている部分矯正とそうでない矯正があるので、患者さんのお口の状態と希望を確認して、メリット、デメリットを比較して治療方法を決めていきます。

メリット

1 気になる所だけ治療することができる

部分矯正は、前歯が少し斜めを向いていたり、前歯の見えているところで気になる部分だけ治したいという方におススメの方法です。
また、装置が少ないことによって、金属のブラケット装置の場合でも、見た目にも目立ちにくくなっています。

2 期間を短くすることができる

全体矯正に比べて、部分矯正は動かす部分が少ないので、比較的矯正期間を短縮すると言われています。
歯並びによって、矯正期間は異なってくるので、目安にはなりますが、全体矯正が2年~3年程度期間がかかるのに対して、部分矯正は6か月~2年程度で矯正をすることができる方が多いです。

3 費用を抑えることができる

治療する歯科医院や種類によっても異なってきますが、気になる部分だけ矯正していく方法なので、動かす本数が少ない分費用を抑えることができます。

デメリット

1 全体的なかみ合わせまで整えられない

部分的な矯正なので、全体的なかみ合わせまで理想的な状態にすることができないことがあります。

2 場合によって歯を削ることもある

部分的に動かすので、スペースが足りない場合には歯を削ってプラスチックの材料やセラミックのかぶせ物で治療することでバランスをとることがあります。
健康なエナメル質を多く削ってしまうと、しみやすくなる場合もあるのでよく相談した上で治療することをおすすめします。

2.部分矯正と全顎矯正の違いについて

部分矯正は全体的に装置をつける全額矯正と違い、部分的に矯正を行う方法です。
部分矯正は費用の面や期間の面でメリットも多いのですが、全体矯正にした方が良い歯並びもあります。
それではどの様な歯並びが部分矯正ではなく、全体矯正にした方が良いのでしょうか?

CASE1 前歯が前後にデコボコしている場合

前歯が前後にデコボコしている原因の多くは、あごの大きさが歯の大きさに対して小さく、歯が生えるスペースが無いことが原因です。
スペースを確保するために抜歯して矯正していくのですが、この場合は歯全体で動かしてあげないと、キレイな歯並びにならないため、全体矯正の必要があります。
部分矯正ではデコボコしている歯並びはキレイに整えることが難しいのです。
無理に部分矯正をするとかみ合わせのバランスが悪くなってしまうので、部分矯正では補えない歯並びは全体矯正で治療していくことになります。

CASE2 前歯が出てしまっている場合

歯が出てしまっている出っ歯の場合は、多くの場合あごの骨の形が原因で歯が前に出てしまっています。
生まれつきの遺伝であごの骨が出ている場合や、生活習慣で指しゃぶりや爪を咬むなどのあごが前に出る様な力がかかってしまう場合があります。
この場合、出ている具合にもよりますが、全体的にバランスを取る全体矯正をする必要がある場合が多いです。
生活習慣でくせになってしまっていると、どんどん歯並びが悪くなってしまうので、早めに癖を改善することも大切になってきます。

3.部分矯正の値段は高いの?安いの?

前述したように、部分矯正の値段は全額矯正に比べて歯を動かす部分が少ないので値段は安くなる傾向にあります。
歯科医院ごとに費用も異なってきますが、部分矯正の治療法によっても値段が変わってきます。
スタンダードなブラケットの『金属矯正』より透明で装置の色が目立ちにくい『審美矯正』の方が、少し値段が高くなります。

また、裏側に矯正装置をつける『裏側矯正』は高度な技術が必要になってくるのでこちらもスタンダードなブラケットの金属矯正より高くなってきます。
マウスピースを使用して歯並びが動いてくると新しいマウスピースに変えるマウスピース矯正は、期間や種類によっても異なってきます。
ただ、全体矯正に比べると歯科医院や選択する治療法によって異なってきますが、半分~3分の1程度の費用で矯正することができる場合が多いです。

4.部分矯正に必要な期間は長いの?短いの?

部分矯正にかかる時間は歯を動かす部分が少ない分短縮することができると言われています。
歯並びにもよりますが、全体矯正が2年~3年程度の時間が平均的な期間に対し、部分矯
正は3か月~2年程度の期間で治療することができる場合が多いです。

  • ブラケット矯正目安 3か月~1年程度
  • 裏側矯正目安    6か月~1年半程度
  • マウスピース矯正  1年~2年程度

目安にはなりますが、金属の表面につけるブラケット矯正は期間が一番短くなる傾向にあり、見た目にも分かりにくい裏側矯正ですが、少し期間が長くなってしまうことがあります。
また、マウスピース矯正は取り外しすることができるので、患者さんが使用した時間が治療結果に反映されるので、似たような歯並びでも個人差が大きい治療になっています。

5.まとめ

歯並びを良くしたいと思っても矯正費用が高そうと躊躇してしまうこともあると思いますが、気になっている部分だけを治す部分矯正なら費用を抑えて治療することができます。
ただ、全体的なかみ合わせや場合によっては歯を削る可能性など、治療のことを把握してから治療を決めると良いでしょう。

メリットとデメリットを確認して、部分矯正をしたいと思った時には、ご自分の歯並びではどの治療が適応することができるのか歯科医院で相談することをおすすめします。
部分矯正の治療で綺麗な歯並びを手に入れませんか?

監修者紹介

森デンタルクリニック
院長 森 健

矯正費用の高さや機関の長さで矯正自体を諦めて欲しくないという思いから「前歯部分矯正専門の歯科医院」を開業。「笑顔」にこだわり、来院したすべての患者様が自分史上最高の笑顔を手に入れられるような治療を目指している。

2008年3月 明海大学歯学部卒業
2008年4月~2009年3月 明海大学病院勤務
2009年4月~2017年7月 都内歯科医院勤務
2017年9月~ Mori Dental Clinic開院

関連記事

  1. 歯列矯正治療の失敗例と失敗してしまう原因について

  2. 歯並びが悪くなる5つの原因と健康への影響、自力でできる予防と…

  3. 【目立たない矯正】マウスピース矯正の種類とメリット・デメリッ…

  4. 子供の矯正治療は何歳から?大人との違い、メリットデメリットは…

  5. 抜歯する矯正のデメリットと抜歯なしで歯並びを揃える非抜歯矯正…

  6. マウスピース矯正の値段の相場は?大人と子供でどれだけ違う?