【目立たない矯正】マウスピース矯正の種類とメリット・デメリットは?

最近では、ブラケット装置と呼ばれる金属の装置以外にも矯正の種類を選択することが出来る様になってきました。
その中で『マウスピースの矯正』を選ぶ人も増えてきています。

マウスピース矯正にはいくつか種類があり、それぞれ特徴があります。そこで今回はマウスピース矯正の種類とメリットデメリットについて詳しくご説明します。

1.マウスピース矯正とは?どんな人に向いているの?

マウスピース矯正とは、透明なマウスピースを口にはめて、何度か新しいものに段階的に変えて歯を徐々に動かしていく治療方法です。特徴は装置が取り外し式なので目立ちにくい事です。

歯並びについて悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。矯正の治療をしようとしても
『人前に出る仕事なので、見た目が気になってしまう。』

『ワイヤーの装置は違和感が強そうでしたくない。』

と思って中々治療が始められない人でもマウスピース矯正は、金属の装置に比べ目立ちにくいですし、歯を徐々に動かしていくことで違和感の問題も解決できる矯正方法なのでおススメです。

2.マウスピース矯正の種類。各手法の特徴とメリット・デメリットとは?

2-1 インビザライン

インビザラインの大きな特徴は歯型の採取が基本的に1回だけということです。

マウスピース矯正は、新しいマウスピースを作製する際に毎回型取りするのが主流ですが、インビザラインは3次元画像元に歯の移動をシュミレーションして、理想の歯並びになるまでのすべてのマウスピースを作製します。

メリット
【1】来院回数を大幅に短縮

始めにマウスピースをすべて作製するため、その都度マウスピースを作製するより半分程度の来院頻度で良いので患者さんの通院負担をかなり軽減することが出来ます。

【2】治療期間が分かる

インビザラインはコンピューター画像で治療計画の3Dシュミュレーションをする『クリンチェック』を行います。
そのクリンチェックで治療開始から治療終了までどの様に歯が動いていくか確認することができて、治療期間を把握することができます。

【3】世界で多くの治療実績がある

インビザラインは世界100か国以上で導入されており、500万人以上の治療実績があります。世界で最も普及しているマウスピース矯正のインビザラインは、信頼度が高く安心して治療を受けることができます。

【4】お口の状態で様々な選択肢がある

スタンダードなインビザライン・フルは幅広い症例に対応することができます。インビザライン・ライトやインビザラインi7は部分矯正や動かす部分の少ない症例に適しています。また11歳~17歳を対象にしたインビザライン・ティーンもあり、自分のお口の状態によって選択することができます。

デメリット
【1】適切な装着時間でないと効果に影響が出る

インビザラインの装着時間は20時間から22時間を推奨しています。

また、食事の間や歯磨きをする間以外は仕事中なども装着をする前提で治療計画が立てられています。ただ、自分で取り外しをすることが出来るので、あまり治療に積極的でない場合には治療期間が長引いてしまうことがあります。取り外しをして食事をすることができるのはメリットですが、自己管理がしっかりと出来ていないと適切な効果が得ることができません。

【2】他のマウスピース矯正に比べ費用が高い

インビザラインはアライン社の治療システムです。
そこでマウスピースの作製もアライン社に依頼するのですが、そのマウスピースの作製料が他のマウスピース矯正に比べ高く、費用も高くなってしまいます。

2-2 クリアアライナー

安心の日本製で多くの歯科医院で行われている矯正です。次の段階のマウスピースにする際には毎回型取りをしていきますが、その時点で最適なマウスピースを作製することが出来るため、精度の高い治療が可能になります。

インビザラインに比べ、症例が限定されており、

  • 『奥歯のかみ合わせに問題がない前歯の矯正』
  • 『後戻りの治療』
  • 『スペースの閉鎖』

を目的としている矯正です。

マウスピースは『ソフト』『ミディアム』『ハード』の硬さの違う3種類のマウスピースを作製して10日ごとに変えて装着していきます。就寝時間も含め1日17時間以上の装着が必要です。

メリット
【1】痛みが少ない

硬さの違う3種類の素材を使ってマウスピースを作製して、段階的に装着するので矯正を進めていくごとに歯にかかる負担を少なくしてくれます。最初はソフトタイプで次に標準的なミディアムタイプ、硬さのあるハードタイプに移行するので、痛みを感じにくいスピードでしっかりと矯正をしてくれます。

【2】矯正中の虫歯治療が可能

毎回型取りをして新しいものを作製していくため、虫歯になってしまった場合でもかぶせ物の治療が可能です。

【3】矯正中にホワイトニングができる

マウスピース装着時間を利用して、自宅でホワイトニングジェルを使用するホームホワイトニングが可能です。

デメリット
毎回型取りをしなければならない

その時のお口の状態によって毎回型取りが必要になります。毎回型取りをするので、インビザラインに比べると来院頻度が多くなってしまいます。

2-3 イークライナー

イークライナーはクリアアライナーの基本コンセプトを元に最新のコンピューターシステムを使用して最初の型取り1回だけでマウスピースを作製する治療法です。
最初の治療計画に沿って3種類の厚みの違うマウスピースを1週間ごとに使用していきます。イークライナーはマウスピースをしている時だけ矯正力がかかるため、就寝時も含め1日17時間以上の使用が必要です。

メリット
【1】インビザラインより費用を抑えることができる

インビザラインと同じ型取りが1度のみで最初にマウスピースを作製する方法ですが、一般的にインビザラインより費用を抑えることができます。

【2】通院負担が少ない

型取りを1度ですべてのマウスピースを作製することができるので、通院回数を減らすことができます。

デメリット
適応できない症例がある

抜歯が必要な人、上下のあごに大きな不調和がある人にはイークライナーのみの治療では難しい場合があります。

2-4 アクアシステム

前歯の矯正を中心とした部分矯正や全体的な軽度の不正歯列を矯正できる治療です。1日20時間の装着が必要です。
アクアシステムは0.5ミリ~1.8ミリの1重または2重構造のマウスピースを2~5週間ごとに交換していきます。

メリット
他のマウスピース矯正に比べ費用を抑えることができる

他の矯正装置と比較して矯正費用が安く経済的な矯正装置です。

デメリット
適応できる症例が限られている

主に前歯の不正歯列や後戻りの治療が対象となり、適応できる範囲が限られています。

2-5 DENマウスピース

歯が動くメカニズムに基づいた治療法で1日8時間から10時間の短時間の装着で歯を動かすことが出来る矯正方法です。

メリット
【1】難しい症例にも対応

マウスピース矯正では難しかった抜歯が必要な矯正の症例にも対応することができます。

【2】寝ている間や自宅のみで矯正が可能

装着時間が他のマウスピース矯正に比べ短いので、仕事中や外出中はマウスピースの装着の必要がありません。

デメリット
治療期間が比較的長い

1日の装着時間が短い分期間が少し長くなることがあります。

3.まとめ

マウスピース矯正はそれぞれにメリットとデメリットがあり、歯並びによって適応できる場合とそうでない場合があります。

ご自身の希望はどの様なものか考えて、理想のマウスピース矯正を行っている歯科医院に相談してみてくださいね。

監修者紹介

森デンタルクリニック
院長 森 健

矯正費用の高さや期間の長さで矯正自体を諦めて欲しくないという思いから「前歯部分矯正専門の歯科医院」を開業。「笑顔」にこだわり、来院したすべての患者様が自分史上最高の笑顔を手に入れられるような治療を目指している。

2008年3月 明海大学歯学部卒業
2008年4月~2009年3月 明海大学病院勤務
2009年4月~2017年7月 都内歯科医院勤務
2017年9月~ Mori Dental Clinic開院
2009年11月
NPO法人『カンボジアの健康及び教育と地域を支援する会(SCHEC)』に参加しカンボジアで歯科ボランティア活動
2012年10月~12月
臨床家のための実践ペリオセミナー ベーシックコース終了
2013年7月 エイディ研修会MTMコース終了
2013年8月 インプラント ベーシックコース NobleReplaceRの臨床導入

関連記事

  1. 今話題の「“クリアアライナー“」!費用、治療期間、特徴をご紹…

  2. 裏側矯正(舌側矯正)が発音や滑舌に影響?矯正方法で違う費用や…

  3. 部分矯正は学生に人気の理由!費用が安く、期間も短くて就活対策…

  4. リテーナーと矯正装置は洗浄するべきなの?洗浄の仕方、注意点と…

  5. 抜歯する矯正のデメリットと抜歯なしで歯並びを揃える非抜歯矯正…

  6. 受け口(反対咬合)を手術なしで自力治療?子供と大人で違う費用…