Eラインを作るのは自力では難しい?Eラインを目指すなら歯列矯正

Eラインを作るのは自力では難しい?Eラインを目指すなら歯列矯正Eラインという言葉を聞いたことがありますか?
聞きなれない言葉かもしれませんが、美しい口元の基準とされています。口元は正面から見た印象ももちろん大切ですが、横顔のキレイさも大切です。

また、横顔のラインがキレイなことで印象が変わることもあります。そして歯並びの悪さがや噛み合わせに悪さはEラインに大きく関わってしまうのです。

そこで今回はEラインの見た目以外のメリットや適切な治療方法について詳しくご説明します。

1.Eラインとは?

​​​​​​​Eラインとは『エステティックライン』と呼ばれ、横から見て、鼻先から上唇、下唇、そしてあごの先を結んだラインのことを指します。

これは、アメリカの矯正歯科医のロバートリケッツにより美しい横顔の基準として発表されました。
この基準から横顔が美しい人はEラインより少し後ろ側に上下の唇があるといわれています。

Eラインが整っているかは、矯正治療の際の『セファログラム』と呼ばれる頭部X線規格写真を撮影すると確認することが出来ます。

Eラインの欧米人と日本人の違い

日本人と欧米人では骨格にも違いがあり、Eラインの基準も変わってくると言えます。

そのため、Eラインより少し後ろ側に上下の唇があるのが美しいとされる基準は欧米人の場合で、欧米人に比べて日本人は平均的に鼻が低いことから、日本人のEラインはライン上に上下の唇が接していると美しいとされています。

2.Eラインを手に入れることは見た目以外にメリットがある!

2-1 胃腸の調子が良くなる

Eラインを整えるには歯並びがきちんとキレイに並んでいていることが重要です。

歯並びがキレイになっていると、噛み合わせもきちんと整い、食事の際にしっかりとかむことが出来ます。しっかりとかむことは『消化』にとって大きな役割を果たすので、胃腸の調子に影響を与えます。

また、しっかりとかむことができると、食事をする際に硬いものに対しての負担も少なくなります。しっかりかむことは脳の刺激にも影響を与え、認知症になるリスクも減らしてくれると言われています。

2-2 肩こりが解消される

Eラインが整って、歯並びが良くなり、しっかりとかむことができると、お口のバランスが整ってきます。歯は、1本1本役割があり、すべての歯がしっかりとかみ合っていることが良いお口のバランスといえます。

逆に歯並びが悪くなっていて噛み合わせがしっかりと出来ていない状態だと、あごのバランスを崩してしまいます。あごのバランスが崩れてしまうと、お口周りだけではなく、周辺の筋肉も緊張してしまい、肩こりや頭痛の原因になってしまうのです。

そのため、Eラインが整うことによって、肩こりや頭痛の症状が改善されることがあるのです。

2-3 虫歯や歯周病にかかりにくくなる

虫歯は『歯』で発生するのに対して、歯周病は『歯ぐき』で発生します。

発生する場所は違いますし、虫歯や歯周病の原因菌は異なりますが、どちらも同じ様に細菌のかたまりである『プラーク』が原因になります。

プラークは唾液や食べ物のカスが混ざり合った歯の表面の付着物を栄養として増殖します。そして、プラークは細菌の温床になって、細菌が増殖して虫歯や歯周病の原因になります。

そのため、プラークの原因になってしまう『磨き残し』をしっかりと除去してあげることが大切です。Eラインは歯並びが整うことが不可欠なので、整った歯並びは歯ブラシで汚れを落としやすくなります。

そのため、虫歯や歯周病の原因菌のすみかであるプラークをキレイの除去しやすくなるので、虫歯や歯周病のリスクを減らしてかかりにくくすることができます。

3.Eラインを手に入れるために適切な治療法

3-1 部分矯正とは?

部分矯正は全体に矯正装置をつける全体矯正に比べて、歯並びに問題がある所だけに矯正装置をつけて治療する方法です。

問題がある一部分だけを矯正するので、全体矯正に比べて歯を動かす距離が少なく、そのため、リーズナブルで治療期間も短期間で治療することができる治療です。

部分矯正のメリット
【1】短期間で治療することが出来ます

通常全額矯正の場合には、お口の状態にもよりますが、2年~3年程度の期間がかかります。

それに比べて部分矯正は半年~1年程度の期間で治療することが可能です。

【2】全体矯正の費用の半分~3分の1の費用で治療することができる

短期間で治療することができて、装置も最小限で済むので、費用も安くすることが出来ます。

部分矯正のデメリット
【1】適応することができる歯並びが限られている

部分矯正はメリットの多い治療ですが、大幅に歯並びが乱れている場合には適応することが出来ず、全体矯正の必要がある場合があります。

【2】噛み合わせまで矯正することができない

部分矯正は主に、見た目が気になる前歯の矯正で行われることが多いです。ただ、前歯の見た目は改善することができても、噛み合わせは改善することが出来ません。

そのため、噛み合わせの改善が必要なケースは全体矯正の適応になります。

3-2 マウスピース矯正とは?

患者さんのお口に合わせて透明のマウスピースを作製して、段階的に新しいマウスピースを使用していき、歯を動かしていく治療です。

マウスピース矯正には最初に型取りをしてすべての型を作製する『インビザライン』とその都度型取りを行ってマウスピースを作製していく『クリアアライナー』があります。

マウスピース矯正のメリット
【1】目立ちにくい

従来のブラケット装置を使用するブラケット矯正は、見た目が気になってしまうことがありましたが、マウスピース矯正は透明のマウスピースを使用するので、周りに人の目を気にすることなく、矯正することが出来ます。

【2】取り外しができる

取り外しすることができるので、食事の際は取り外して今まで通り食事することができますし、装置がついて汚れがつきやすくなったり、歯ブラシがしにくくなることがありません。

【3】金属未使用でお口を傷つけにくい

ブラケット装置やワイヤーは、お口の粘膜に当たって痛みが出てしまうこともありました。しかし、マウスピース矯正はお口を傷つけること無く、矯正治療することが出来ます。

マウスピース矯正のデメリット
【1】適切な時間装着しないと治療が長引くことがある

マウスピース矯正は取り外しができることがメリットではありますが、違和感などがあり、適切な時間装着しないと効果を得にくい場合があります。

決められた時間をしっかりと守らないと治療が長くなってしまうことがあります。

【2】治療方法によっては通院頻度が高いことがある

その都度型取りをする場合には2週間に1度新しいマウスピースに変える必要があります。

そのため、ブラケット矯正や最初にすべてのマウスピースを作製する方法に比べ、通院頻度が高くなってしまうことがあります。

3-3 ワイヤー矯正とは?

歴史ある矯正方法でブラケットと呼ばれる装置をつけてワイヤーを通して矯正していく方法です。

ワイヤー矯正のメリット
【1】どの様なお口の状態でも適応することができる

従来のブラケット装置を使用するブラケット矯正は、見た目が気になってしまうことがありましたが、マウスピース矯正は透明のマウスピースを使用するので、周りに人の目を気にすることなく、矯正することが出来ます。

【2】広く一般的な方法なので、どの矯正歯科でも治療できる

最新の矯正治療でインプラント矯正などは、できる歯科医院が限られてきてしまいます。その点、ワイヤー矯正はどの矯正歯科でも治療することが出来ます。

ワイヤー矯正のデメリット
【1】見た目が気になってしまう

特に金属のブラケット装置では見た目が目立ってしまうことがあります。

【2】装置に汚れがつきやすい

ブラケットやワイヤーの間に汚れがつきやすくなってしまうので、今までより細かく歯ブラシやタフトブラシを当ててあげる必要があります。

4.まとめ

歯並びは自分で改善することはできません。

Eラインを作るには整った歯並びが必要なので、Eラインを目指すには歯列矯正が必要です。

歯列矯正にもいくつか種類があり、それぞれメリットやデメリットがあり、お口の状態によってぴったりあったものも変わってくるので、Eラインを目指すにはまず矯正歯科に相談することをおススメしています。

監修者紹介

森デンタルクリニック
院長 森 健

矯正費用の高さや期間の長さで矯正自体を諦めて欲しくないという思いから「前歯部分矯正専門の歯科医院」を開業。「笑顔」にこだわり、来院したすべての患者様が自分史上最高の笑顔を手に入れられるような治療を目指している。

2008年3月 明海大学歯学部卒業
2008年4月~2009年3月 明海大学病院勤務
2009年4月~2017年7月 都内歯科医院勤務
2017年9月~ Mori Dental Clinic開院

関連記事

  1. 口ゴボは自力で治せるの?最適な治療法をご紹介!

  2. 出っ歯を矯正するための費用と期間、安く抑える方法とは?

  3. しゃくれにはさまざまな原因があった!起こりうる症状と正しい対…

  4. 受け口(反対咬合)を手術なしで自力治療?子供と大人で違う費用…

  5. 前歯が大きい原因と特徴をご紹介!前歯の悩みは矯正で解決できる…

  6. 矯正後に歯並びが後戻りしてしまう原因と、リテーナーを使った予…