前歯だけの部分矯正はマウスピースでもできる?主なメリット・デメリットと主な値段・費用

「歯並びが悪い」「かみ合わせが悪い」など、歯並びに関しての悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。特に前歯の歯並びが悪い場合、見た目の印象に影響してきます。

前歯が出ていたり、すき間があったりする症例は、部分矯正で改善が可能です。部分矯正とは、気になる場所だけを改善する方法で、全体矯正のように歯の全体を改善する方法に比べて費用や治療期間を少なくすることができます。

また歯に負担の少ないマウスピースによる矯正も可能です。

この記事では、マウスピースで矯正治療するメリットやデメリット、費用などについて紹介します。

マウスピースを使った部分矯正とは?

歯の矯正にマウスピースを使用する治療になります。部分矯正とは、歯の掃除をしやすくする場合や、見た目を整える場合に行う歯並びの改善です。歯の全体を透明のマウスピースで覆い、徐々に歯を動かしていく治療となります。

おおよそ1ヵ月ごとに、新しいマウスピースに取り換えて進めていく方法です。透明になっているため、治療中であることを周囲に知られません。また脱着可能なため、常に清潔に保つことが可能です。

他にも歯の矯正治療には、ブラケットや金属ワイヤーを装着する方法もありますが、歯にワイヤーを付けることに抵抗がある人には、マウスピースがおすすめと言えるでしょう。

マウスピースを利用した部分矯正は、次の特徴があります。

特徴

説明

自分で脱着が可能

自分で取り付けたり外したりすることができます。そのため常に口の中を清潔に保つことが可能です。

今までの矯正装置は自分で取り外しができなかったため、食べかすなどのプラークが溜まってしまう状況でした。しかしマウスピースの場合は取り外して歯ブラシで洗うことができるため、衛生的です。

目立たない

透明になっているので、他人と話をする場合でも気になりません。周りの人も治療中であることに気づかないでしょう。

食事の制限がない

従来の矯正装置では、食べ物が挟まる可能性があるので、気を遣う必要がありました。しかしマウスピースは取り外しができるため、食べ物の制限が無く、食べたいものを食べることができます。

年齢の制限がない

年齢に制限がありません。そのため年齢を気にして諦めていた人も、治療することができます。

痛みを感じることがない

過度の力が歯にかかることが少ない治療のため、痛みを感じることがほとんどありません。また、ブラケットやワイヤーを使用することもないため、口内炎ができる可能性は低いと言えます。

金属を使用しない

金属アレルギーがある人にも適用することができます。金属アレルギーを理由に治療を断念していた人も、安心して治療を受けることが可能です。

 

マウスピースを使った前歯だけの部分矯正は可能?

マウスピースを使用して、前歯だけを治療することは可能です。ワイヤーを使用した矯正方法に比べて、透明で目立ちません。そのため、周りの人に歯の矯正中であることを気づかれずに治療を進めることが可能と言えます。また上の前歯、下の前歯など、特定の部分のみの治療ができます。歯の全体矯正と比べると、費用が抑えられ、治療期間も短くすることが可能です。

全体矯正も部分矯正も、マウスピースの形は同じで歯列全体を覆います。歯の矯正状況によって、マウスピースを取り換えながら徐々に理想の形に歯を動かしていく治療方法です。

全体矯正と部分矯正の違いは、マウスピースの枚数になります。歯科医院によって異なりますが、全体矯正は99枚ほどのマウスピースを作成して治療を行う方法です。一方部分矯正は14枚ほどのマウスピースしか作成できません。

そのため部分矯正は、適用できない症例もある状況です。歯科医師に相談し、適用できるかどうかを診断してもらう必要があります。

マウスピースを使った部分矯正のデメリット

マウスピースを使用した部分矯正は、デメリットもあります。どのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

歯を削る可能性がある

前歯を矯正する場合、歯並びを整えるための十分なスペースが必要です。その場合、歯を削ってスペースを確保することになります。ただし歯を削るのは、わずかな量で、最大でも0.5mm程度です。痛みもありません。

しかし健康な歯を削ることに抵抗がある人は、事前に歯科医師に確認するのが良いでしょう。

追加費用が発生する場合がある

部分矯正は、徐々に歯を動かして治療を行います。マウスピースを複数作成し、治療の各段階で交換しながら進めていく方法です。

しかし途中で、治療計画通りに歯が動かない場合もあります。装着時間が短かったり、もともと動きにくい歯だったり原因はさまざまです。

このような場合は、治療計画を立て直してマウスピースの再作成が必要となるため、追加費用が発生する可能性が出てきます。

理想との違いが起こる可能性がある

部分矯正は、歯の一部分のみを動かす治療となります。そのため歯の全体のバランスが崩れてしまう可能性があります。全体矯正は歯の全体を改善します。しかし部分矯正は全体を対象としていないため、理想の形にならないことも考えられるでしょう。

治療後の仕上がりについて事前に歯科医師と相談した上で、適用する矯正方法を選ぶ必要があります。

マウスピースを使った部分矯正のメリット

マウスピースを使用した部分矯正は、さまざまなメリットがあります。以下にメリットについて紹介します。

費用を抑えられる

全体の歯を対象とする全体矯正に比べると、部分矯正は費用を抑えることができます。マウスピースを使用した部分矯正では、使う枚数によって費用が異なる状況です。歯のゆがみが軽度の場合、費用を低く抑えることができます。

ただし歯科医院によって費用が異なるため、治療方法や費用などを比較して、希望の予算に合った歯科医院を選択するのが良いでしょう。

短期間で行える矯正である

全体矯正は、治療期間が1年〜3年ほど必要です。しかし部分矯正の場合は、2ヵ月〜1年半ほどの期間で治療が完了します。

ただし治療の計画や方針、口の状態などによっては、期間に変動が出てくるでしょう。治療にかかる実際の期間については、歯科医師に確認するのが確実です。

周囲の人に気づかれにくい

一般的に使用されているワイヤーを使った矯正では、装着している装置が銀色なので目立ってしまいます。周りの人にも、矯正治療中であることがわかるでしょう。

一方で、マウスピースを使用した部分矯正は、透明のものを使います。そのため周りの人に気づかれずに治療を行うことが可能です。

矯正治療中でも、気にせずに笑顔になれるのは大きな利点と言えます。

マウスピースを使った部分矯正で対応できる症例

部分矯正にマウスピースを使用する場合、適用できる症例が限られています。次のような症例では、マウスピースの使用が可能です。

前歯が前にでている

歯並びの乱れの中でも、前歯が前に出ている症例は最も多い悩みと言えるでしょう。横からの見た目を乱してしまいます。前歯が前に出ている症例は、マウスピースを利用した部分矯正で改善が可能です。

ただし前歯が前に出ている原因が、骨格にある場合は部分矯正で改善が不可能な場合もあります。

前歯の間にスキマができている

前歯にスキマがある場合、見た目が間の抜けた印象となってしまいます。前歯の隙間の原因が、あごの骨と歯のバランスが悪い、歯が小さいなどは、矯正で改善が可能です。軽度の場合は、短期間で治療することができます。

前歯にガタつきがある

前歯がかみ合わずにガタついている場合、前歯で食べものをかみ切ることができません。このような場合は、食事をする際に不便を感じることがあるでしょう。

前歯がガタついている症例は、部分矯正で改善が可能です。また前歯が重なるように生えている場合も、改善できます。

マウスピースを使った部分矯正で対応できない症例

マウスピースを使う部分矯正では、対応できない症例もあります。以下は、対応できない症例の紹介です。

重度な出っ歯や受け口である

前歯だけが出ている軽度の出っ歯は、部分矯正が可能です。しかし骨格が原因の重度の出っ歯は、部分矯正で改善することができません。前歯だけを移動させても、改善されないためです。前歯を正しい位置にするためのスペースを作るため、全体矯正が必要となるでしょう。

また上の歯よりも下の歯がでている受け口も、部分矯正での改善は難しいと言えます。受け口は歯の並びではなく、あごの骨格に原因のある場合が多いためです。

あごの骨を切ったり抜歯したりして、骨格を正しい位置に固定する手術が必要となる場合もあります。

歯周病の改善が必要である

歯周病にかかっている場合、矯正による治療が不可能です。歯周病とは、細菌が歯周ポケットに溜まることで引き起る炎症性の疾患となります。細菌から毒素が出るため、歯の周りの組織や歯の土台が破壊される症状です。

部分矯正では、歯に力を加えて徐々に移動させていく治療となります。歯周病によって歯の状態が不安定になっていると、歯が抜け落ちてしまう可能性もあるでしょう。歯周病の治療を行い、改善してから部分矯正を実施する必要があります。

インプラントである

インプラントとは、人工の歯根をあごの骨に埋め込んでいる状態を指します。インプラントを行っている場合、歯根膜が存在しません。歯根膜は、強くかんだ時に力を逃すためのクッションの役割をします。部分矯正を行う場合、歯根膜が重要な役割を果たすため歯根膜が無い場合は歯に負担がかかります。そのため、部分矯正ができない可能性があるでしょう。

マウスピースを利用した部分矯正を行う場合、歯科医師にインプラントが入っていることを伝え、治療が可能かどうかの相談が必要となります。

奥歯の噛み合わせ改善が必要である

部分矯正の場合、動かす歯は前歯のみです。奥歯のかみ合わせに問題があり改善が必要な場合、部分矯正では治療が不可能となります。

奥歯のかみ合わせに問題がある状態で部分矯正を行った場合、歯列のかみ合わせが崩れてしまい、全体に影響を及ぼしてしまうでしょう。奥歯は見えにくい部分のため、前歯だけでも改善しようと考えている場合は注意が必要です。

見た目の改善だけに捉われず、歯列全体の改善を検討することが重要と言えます。

抜歯を行う必要がある

マウスピースを利用した部分矯正では、大きく歯を移動する治療には向いていません。歯並びを改善するために抜歯が必要となる場合、歯を大きく移動させる必要があります。この場合は、部分矯正ができないと言えるでしょう。

歯の状態によって適用できる治療方法が異なるため、歯科医師のカウンセリングを受けて抜歯が必要になるかどうかを確認する必要があります。

マウスピースが苦手である

治療する際、マウスピースを装着すること自体に抵抗がある場合や苦手である場合、部分矯正に向いていないと言えるでしょう。

マウスピースによる部分矯正では、基本的に1日あたり20時間以上装着する必要があります。マウスピースを装着することで、歯に少しずつ力を加えて移動させていくためです。装着時間を守らないと、効果が表れづらいでしょう。

マウスピースを使った部分矯正の改善例は

実際にマウスピースを使用した部分矯正の改善としては、次の3つの例があります。

症例1

症例

上の前歯1本だけが乱れている

治療期間

約5ヵ月

費用

約33万円

備考

部分矯正、研磨処置あり、抜歯なし

 

症例2

症例

上の前歯2本が前に出ている

治療期間

約4ヵ月

費用

約33万円

備考

部分矯正、研磨処置あり、抜歯なし

 

症例3

症例

下の前歯がガタついている

治療期間

約2ヵ月

費用

約33万円

備考

部分矯正、研磨処置あり、抜歯なし

 

マウスピースを使った部分矯正にかかる値段・費用

全体矯正と比較すると、部分矯正の費用は安く抑えることができます。症例や期間にもよりますが、おおよその費用相場は次の通りです。参考情報として、ワイヤーを使った矯正についても記載しています。

治療方法

費用

マウスピースを利用した部分矯正

20万~60万円

マウスピースを利用した全体矯正

70万~120万円

ワイヤーを利用した部分矯正

20万~50万円

ワイヤーを利用した全体矯正

60万~150万円

 

前歯だけのみの部分矯正をするなら森デンタルクリニック

他の歯科医院で「全体矯正歯科できない」と診断された場合でも、森デンタルクリニックのカウンセリングでは「部分矯正が可能」と診断されるケースもあります。部分矯正は費用を抑えることができるため、カウンセリングを受けることがおすすめです。

森デンタルクリニックの部分矯正では、気になる箇所だけを改善する治療となります。

  • 抜歯をしない
  • 短期間で治療が終わる
  • 痛みが少ない
  • 後戻りしにくい

などの特徴があります。

歯の状態によって治療内容や費用が変わるため、相談してみるのが良いでしょう。

マウスピースを使った部分矯正に関するよくある質問

マウスピースを利用した部分矯正で、よくある質問についてまとめています。

マウスピースを使った部分矯正の通院回数や治療期間はどれくらい

部分矯正の治療期間は、おおよその目安で2ヵ月〜1年半です。治療の内容や歯並びの状態によって変動します。全体矯正の場合は、1〜3年ほどの期間が必要となるため、部分矯正は短期間で終わると言えるでしょう。

治療期間中の通院は、1〜3ヵ月に1回です。治療が順調かどうか、口の中の状態がどうなっているかなどを確認します。ワイヤーを使った矯正治療の場合は、月に1回の通院となるため、マウスピースを使った矯正治療は通院の負担が少ない状況です。

治療計画や治療方針によって、治療期間や通院のタイミングが異なるため、具体的な内容は歯科医師に確認するのが良いでしょう。

治療期間中にマウスピースをなくしてしまったら?

マウスピースは透明で取り外し可能なため、紛失してしまう場合も少なくありません。紛失に気付いた場合は、次の方法で対処してください。

  1. 紛失した可能性のある場所や店など、心当たりがある場合は連絡を取ってください。確保してもらっている可能性があります。
  2. マウスピースが出てこない場合、過去に装着していたものを使用するようにしてください。そして歯科医院を受診するようにしましょう。
    紛失の可能性があるので、以前に装着していたマウスピースは捨てずに取っておくことが大切です。
  3. あと何日かで次のマウスピースに交換する場合は、次のものを装着してください。紛失したからと言って何も付けずに放置しておくと、治療に影響してしまいます。

マウスピースは紛失するケースが多くあります。紛失しやすいタイミングを知っておくことで、予防することが可能です。紛失は次のような場合に起きやすいでしょう。

紛失の多いケース

説明

飲食店で紛失

マウスピースは食事の際に取り外します。おしぼりやナプキンに包むと、見失ったり忘れてしまったりするので注意が必要です。

専用のケースを持ち歩き、ケースに入れることを徹底するのが良いでしょう。

部屋の中で紛失

歯磨きや食事など、自分の部屋でも取り外すタイミングがあります。その際は決まった場所に置くようにしないと、紛失してしまう可能性があるでしょう。

間違って捨ててしまう

取り外した際、ティッシュに包んで放置してしまうと、ごみと間違って捨ててしまう可能性があります。

取り外す際は置き場に注意が必要です。

 

マウスピース矯正を使った部分矯正がおすすめな人の特徴

マウスピースを利用した部分矯正をおすすめできるのは、症例が適合していることが必須条件です。歯科医師の精密検査で奥歯のかみ合わせに問題が無く、前歯の乱れが軽度の場合となります。

まとめると、部分矯正をおすすめできる人の特徴は次の通りです。

  1. 奥歯のかみ合わせに問題が無く、軽度の症例である
  2. 過去に実施した矯正治療が元に戻ってしまったので、再び改善したい
  3. 短い治療期間を希望している
  4. 安く費用を抑えて治療を受けたい
  5. 部分矯正のデメリットを正しく理解している
  6. マウスピースの正しい管理や使い方ができる

一方、マウスピースを利用した部分矯正をおすすめできない人の特徴としては、次の通りとなります。

  1. 奥歯のかみ合わせに問題がある
  2. 重度の出っ歯、受け口がある
  3. Eライン改善など治療のハードルが高い
  4. 骨格が原因の歯並びやかみ合わせの問題を抱えている
  5. 部分矯正のデメリットを知らない
  6. マウスピースの使い方や正しい管理ができない

関連記事

  1. 前歯が大きい原因と特徴をご紹介!前歯の悩みは矯正で解決できる…

  2. 部分矯正は学生に人気の理由!費用が安く、期間も短くて就活対策…

  3. すきっ歯(正中離開)はゴムで簡単に治療?矯正の種類と費用、期…

  4. 出っ歯を矯正するための費用と期間、安く抑える方法とは?

  5. 歯の中心がずれている?適切な治療法は?

  6. 八重歯を矯正するための費用、期間は? できるだけ安くする方法…