上の歯だけの矯正は可能?値段や費用を解説!

歯科矯正は部分矯正という「一部の歯だけを矯正」が可能ですが、中には上の歯だけを矯正したいと考える方もいます。歯科矯正は自由診療のため保険が適用されず高額になるため、矯正するのを上の歯だけにして値段や費用を抑えたいと考える方もいるでしょう。

そこで、上の歯だけの矯正と全体矯正と比較したときの費用の違いや選べる素材、また上の歯だけを矯正するメリット・デメリットについて理解していきましょう。

上の歯だけの矯正でおすすめできるのが「前歯矯正専門 Mori Dental Clinic」クリニックです。Mori Dental Clinicは、特定の歯だけの矯正の場合でも対応可能な料金体系、選択できる支払い方法の多さ、技術的な高さがあります。他のクリニックで無理だと言われた人にもおすすめできます。

この記事では上の歯だけの部分歯科矯正に関して、矯正器具の値段やかかる費用、治療方法について解説します。

上の歯だけでも矯正はできる?

歯科矯正は、歯全体ではなく部分的な「上の歯だけ」でも可能です。

しかし、実際に矯正が可能かどうかは本人の歯の状態と医師の判断次第です。上の歯だけを矯正したいなら、基本的には次の条件を満たしている必要があります。

  • 上下の歯の噛み合わせに問題がない
  • 上下の歯の歯並びに問題がない(ずれがあっても軽度である)

すでに噛み合わせに大きな問題がある人や、歯が生えてくる空間が足りず抜歯が必要な人などは部分矯正ではなく全体矯正を行う必要があります。また上の歯だけの矯正に対応していないクリニックもあるため、事前調査が必要です。

上の歯だけ矯正する際の値段・費用

矯正器具の値段やかかる費用は、選ぶ素材や矯正方法により変わります。ここでは、上の歯だけを矯正する場合の費用について素材や方法ごとに解説していきます。

マウスピース

上の歯だけマウスピースの矯正を行う場合、費用相場は「10~100万円」程度です。マウスピース矯正とは透明なマウスピースを被せて矯正する方法であり、目立たないのが特徴です。またマウスピース矯正は、一般的なワイヤー矯正よりも費用相場が安いです。

上の歯だけに被せる部分矯正も可能ですが、対応の可否はクリニックによって異なります。また部分矯正は全体矯正よりも安く済みますが、矯正対象が上の歯すべての場合は安くならない可能性があるため、費用によっては全体矯正も視野に入れた方が良いでしょう。

ワイヤー

ワイヤー矯正とは「ブラケット」と呼ばれる特殊な器具をワイヤーで歯に固定する矯正方法です。ワイヤー矯正は、使用するブラケットの素材で費用も次のように変わります。

矯正器具の素材

費用相場

メタルブラケット

30~80万円

ハイブリッドブラケット

35~90万円

プラスチックブラケット

50~100万円

セラミックブラケット

60~100万円

ジルコニアブラケット

60~100万円

素材ごとの価格差はそこまで大きくありません。それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで、基本的にはクリニックで推奨された素材を選ぶべきです。

メタルブラケットは最も安価ですが、金属のため目立ちやすいです。メタルブラケットと比較して、ジルコニアブラケットは柔軟性があるため矯正力が高く、器具が乳白色のため目立ちにくいですが金属素材よりは高価になります。

透明なプラスチックブラケットはその2つの中間に位置しており、メタルブラケットよりも目立ちにくいですが経年劣化します。

症例により使える素材が限定されることもあります。例えば金属アレルギーがある人は、アレルギー反応が起こりづらいセラミック矯正が推奨されます。以上の点を踏まえて、素材の良さと価格バランスを考慮して選びましょう。

表側矯正

上の歯だけを表側矯正する場合の費用相場は「30~60万円」程度です。ただし、部分矯正の値段のため上の歯すべて矯正する場合は、高額になる可能性が高いです。

表側矯正では、歯の表側に矯正器具を装着します。この方式は、裏側矯正よりも安価である点と、ブラッシングしやすい点です。

デメリットは、ブラケットとワイヤーがむき出しになり審美的にはマイナスになる点です。人と会話するときに目立つことを気にする方は多く、多くの人が歯科矯正を避ける一因ともなっています。

しかし、セラミックやジルコニア素材のブラケットを選べば目立ちにくくなり、ワイヤーも歯の色に近いものを選択できます。

裏側矯正

上の歯だけを裏側矯正する場合の費用相場は「40~70万円」程度です。表側矯正と同様に部分矯正の費用相場であるため、上の歯をすべて矯正する場合は高額になります。

裏側矯正では、歯の裏側に矯正器具を装着します。この方式は、口を開いても目立ちにくく、人と会話するときにも精神的な不安やストレスがない点です。歯科矯正の事実を他人に知られずに生活できます。

デメリットは、表側矯正よりも口腔ケアが難しく、歯磨きのやり方を工夫する必要があるという点です。矯正期間に虫歯が進行した場合、一度器具を外して虫歯治療を行う必要があります。

ただし、裏側矯正の方が「虫歯になりやすい」わけではありません。歯の裏の方が虫歯を予防する唾液の恩恵を受けやすく、虫歯リスクは表側矯正よりも小さいです。

セラミック

上の歯だけセラミック矯正する場合の費用相場は「4~13万円」程度です。セラミック矯正がワイヤー矯正よりも大幅に値段が安いのは、矯正方法と目指すところが全く異なるからです。

セラミック矯正では、セラミックという素材を使用したオーダーメイドの被せ物を装着します。被せものにより、ブラケットやワイヤーといった目立つ装置を装着しなくても歯並びが整い、矯正中に歯が痛くならないというメリットもあります。

ただし虫歯がある場合は先に治療が必要な点と、装着前に抜歯が必要な場合はワイヤー矯正と同じです。また被せ物を装着するために健康な歯を削る必要が生じること、元の歯に対する根本的な矯正ができない点などは注意が必要です。

その他

ここまで紹介したもの以外にも歯を矯正する方法はあります。以下は、他の矯正に関する事例です。

  • ハーフリンガル矯正:上の歯は裏側矯正、下の歯は表側矯正を行う
  • インプラント矯正:歯茎や顎の骨にインプラントを埋め込み歯を動かす
  • コルチコトミー:歯肉に切り込みを入れることで歯を動かす

ハーフリンガル矯正は裏側矯正の一種であり、目立つ上の歯だけ裏側に矯正装置を付け、下の歯は表側に矯正装置を付けます。これにより、裏側で全体矯正するよりも費用を節約でき、審美性が保たれます。

インプラント矯正とは、アンカースクリューという特殊なネジを歯茎に入れることで、前歯を大きく後ろにずらせる矯正方法です。抜歯しないため奥歯をずらさずに矯正できたり、治療期間が短くなるというメリットがあります。

コルチコトミーは、外科手術を伴う矯正方法です。麻酔をしてから歯茎に切れ目を入れ、歯茎を縫い合わせてから矯正装置を装着します。通常の矯正方式では不十分な場合や、歯列や噛み合わせに大きな異常がある場合に有効です。

それぞれの費用相場は次のとおりです。

矯正方法

費用相場

ハーフリンガル矯正

80~130万円

インプラント矯正

2~20万円

コルチコトミー

10~50万円

ハーフリンガル矯正は多くのクリニックが対応できますが、インプラント矯正やコルチコトミーは通常の矯正方法とは異なるため、個人の歯や歯茎の状態、またクリニックごとの費用差が大きいです。

ワイヤー矯正と比較して対応できるクリニックも限られているため、これらの矯正が必要なのか、まずはカウンセリングと診断からはじめましょう。

上の歯だけ矯正する際に気をつけるべきこと

次は、上の歯だけを矯正したい人が注意するべき2つの点についてそれぞれ解説します。

矯正装置の他に費用がかかる

歯科矯正に必要なのは、歯に装着する矯正器具だけではありません。具体的には、次の矯正に伴う費用が発生します。

  • カウンセリング・診断・精密検査費用:0~5万円程度
  • 虫歯治療費用:2,000~5万円程度
  • 矯正後の通院費用(1回あたり):3,000~5,000円程度
  • リテーナー費用:1~6万円程度

矯正前には必ずカウンセリングや診断、精密検査を行い、歯の状態を確認します。矯正を始める前に虫歯の治療が必要ですし、装着中のトラブルで一度装置を外したり、再装着するたびに費用が発生することもあります。

また矯正後も何度か通院し、検査する必要があります。保定期間には後戻りを避けるためにリテーナーを装着しますが、これもタイプにより次のように費用が変わります。

リテーナーの種類

特徴

費用相場

ベッグタイプ

歯の全体をワイヤーで覆う

3万円程度

ホーレータイプ

前歯をワイヤーで覆う

3万円程度

マウスピースタイプ

歯列全体を樹脂で覆う

1~2万円程度

上の歯だけを矯正する場合も、全体矯正の場合も同様です。可能な限り追加費用を発生させたくない場合は「トータルフィー」という支払い方式をおすすめします。

  • 処置ごとの支払い:処置が完了した時点で費用を都度支払う
  • トータルフィー:矯正に必要な費用をすべて前払いする

トータルフィーなら、追加費用が発生しません。ただし、器具の再作成・再調整の費用は含まれていない場合があります。

矯正できる歯並びが限られる

上の歯だけの矯正は、全体矯正と比較して要求されるハードルが高くなります。理由としては噛み合わせ、歯並びに問題がない人(または問題が少ない人)のみ選択できるからです。

歯並びが悪い場合は全体矯正か、より重大な問題がある場合は外科的矯正を行うことになります。最終的に、良い結果となる方法を選択するべきです。費用を節約したくても「上の歯だけ矯正すること」にこだわるべきではありません。

上の歯だけ矯正のメリット・デメリット

次は、上の歯だけ矯正するメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

メリット

上の歯だけ矯正するメリットは、次の3点です。

  • 治療費を節約できる
  • 全体矯正よりも治療期間が短くなる
  • 矯正範囲が少ない人に向いている

上の歯だけを矯正する場合、下の歯を矯正しない分費用が安くなり、矯正期間も短くなります。矯正範囲が減ることで全体矯正の半額以下になる場合もあるため、出費を抑えたい人にはおすすめできます。

元から歯並びが悪くない人にとっては、部分矯正が良いでしょう。上の歯すべての矯正を検討していても、実際に矯正が必要な部分はもっと少ないこともあります。診断結果に応じて矯正本数を減らせば、その分費用も安くなります。

デメリット

上の歯だけ矯正するデメリットは、次の3点です。

  • 噛み合わせと歯並びが良い人に限定される
  • 噛み合わせが悪化する可能性がある
  • 対応不可のクリニックがある

上の歯だけの矯正は元々の歯並び・噛み合わせに関して全体矯正よりも高い要件に合格する必要があり、全体矯正よりもハードルが高いです。

部分矯正は、処置できる人が限られるだけでなく下の歯も同時に矯正しないため噛み合わせが悪化する可能性があります。部分矯正には歯全体のバランスが悪化する、出っ歯になる等のリスクがあり、上の歯だけを矯正する場合も同様です。

クリニックによってはカウンセリング時点で上の歯だけの矯正は可能だと言っても、診断後に歯の状態を考慮して断ることがあります。最初から部分矯正に強いクリニックを選ぶなら、希望しない矯正方法に変えたりクリニックを選び直すリスクを軽減できます。

上の歯だけ矯正するなら森デンタルクリニック

上の歯だけ矯正したいなら、東京都港区南青山にある「前歯矯正専門 Mori Dental Clinic」がおすすめです。当院は名前のとおり前歯の矯正に特化したクリニックであり、他のクリニックで「全体矯正しかできない」と言われた方でも矯正が可能な場合があります。

当院を利用する具体的なメリットは、次の5点です。

  • ワイヤー矯正とマウスピース矯正の両方に対応している
  • デンタルローンが利用できる
  • 数ヶ月〜半年程度で矯正が完了する
  • 健康な歯を抜く必要がない
  • 矯正後の後戻り防止もサポートしてくれる

当クリニックは、公式サイト上で「当院で部分矯正ができなければあきらめてください」と記載しており、前歯矯正に絶対の自信があることがわかります。

矯正費用は次のとおりコースごとに異なります。

  • 前歯の部分矯正:38.5万円~
  • マウスピース矯正:49.5万円~

上記は現金払いによる費用ですが、その他クレジットカード払いや銀行振込、デンタルローンでの分割払いも可能です。

支払い方法

特徴

前歯の部分矯正

マウスピース矯正

デンタルローン

月々3,900円(税込)~

*前歯矯正なら38万5千円(税込)〜で矯正できます。

クレジットカード

VISA・MasterCard・AMEX・ダイナース・JCBブランドに対応

現金払い

利用できるが非推奨

銀行振込

指定口座への振込

上記で、おすすめなのがデンタルローンです。デンタルローンはカードローンやクレジットカードの分割払いよりも金利が低いため、総支払額も少なくなります。

当院では診断前に無料のカウンセリングを受けることができ、歯科矯正に伴うさまざまな不安を解消できます。上の歯、特に前歯だけの矯正に興味がある方は、ぜひ公式サイトにアクセスしてみてください。

上の歯だけ矯正に関してよくある質問

上の歯だけを矯正したい人からよく聞かれる3つの質問に回答していきます。

部分矯正の相場は?

上の歯だけ矯正する場合を含む、部分矯正の相場は次のとおりです。

矯正方法

費用相場

表側矯正

30~60万円程度

裏側矯正

40~70万円程度

マウスピース矯正

10~40万円程度

歯科矯正方法として一般的な表側矯正・裏側矯正における部分矯正の費用相場は「30~70万円」程度です。たとえば「前歯2本だけ」のように矯正部分を限定できるため

矯正の期間はどのくらい?

歯科矯正にかかる期間は、矯正方法により異なります。個人差があるため目安になりますが、次の表に期間を紹介します。

矯正方法

矯正期間(目安)

ワイヤー矯正・全体矯正

1~3年程度

ワイヤー矯正・部分矯正

数ヶ月~1年程度

マウスピース矯正

1~3年程度

ハーフリンガル矯正

1〜3年程度

セラミック矯正

1〜2ヶ月程度

インプラント矯正

半年〜2年程度

コルチコトミー

半年〜2年程度

治療期間がもっとも短いのは、セラミック矯正です。他の矯正方法とは異なり被せ物での矯正を行うため、全体矯正であっても数ヶ月で完了します。このメリットがあるため、数ヶ月後に結婚式等の重要なイベントが控えている方からの人気が高いです。

全体矯正との値段の違いは?

全体矯正と部分矯正では、矯正する歯の本数が大きく異なるため、値段も次のように大きく変わります。

矯正方法

全体矯正での費用相場

部分矯正での費用相場

ワイヤー矯正(表側矯正)

60〜130万円程度

30〜60万円

ワイヤー矯正(裏側矯正)

80~180万円程度

40〜70万円

マウスピース矯正

70〜100万円程度

10〜100万円程度

同じ部分矯正でも、矯正する歯の本数が少ないほど費用は安くなります。上記のとおり、全体矯正の半額以下になることもあります。これはワイヤー矯正、マウスピース矯正のどちらでも同じです。

関連記事

  1. 歯並びは自力で治せる?7つの矯正方法を徹底比較!

  2. 目立たない矯正方法とは? 器具によって違う期間や費用を解説!…

  3. 歯の矯正はいくらかかる?治療方法別の費用・値段を解説!

  4. 前歯が大きい原因と特徴をご紹介!前歯の悩みは矯正で解決できる…

  5. 口ゴボは自力で治せるの?最適な治療法をご紹介!

  6. 歯列矯正治療の失敗例と失敗してしまう原因について