しゃくれってどうやって治す?治療法、原因を紹介!

しゃくれってどうやって治す?治療法、原因を紹介!


下のあごが出てしまっている『しゃくれ』はあまり良いイメージがないですよね?

しゃくれは『下顎前突』とも呼ばれ、うまく発音することが出来なかったり、噛み合わせが悪く、しっかり食べ物をかめない場合もあります。

そして、しゃくれにも種類があり、その状態によって治療法も変わってくることがあります。

そこで今回は『しゃくれ』の治療法、原因を詳しくご紹介します。

【目次】

1.しゃくれとは?

  1-1 しゃくれの種類

    1-1-1 歯並びに問題があるケース

2.しゃくれの原因って何?

  2-1 生まれつき

  2-2 悪習癖

3.しゃくれの治療法とは?

  3-1 部分矯正

    3-1-1 部分矯正の特徴

  3-3 ワイヤー矯正

    3-3-1 ワイヤー矯正の特徴

  3-4 場合によっては手術が必要

4.まとめ


​​​​​​​1.しゃくれとは?

しゃくれとは


しゃくれは、通常より下あごが出てしまっている状態で、普通は上あごの方が前にかみ合うのですが、下あごが前に出てかみ合っている状態をさします。

1-1 しゃくれの種類

1-1-1 歯並びに問題があるケース

しゃくれは上の歯並びが内側に生えてしまうケースや、日頃の習慣が原因で下の歯並びが出てしまい、前歯のかみ合わせが反対になってしまうことがあります。

1-1-2 下のあごの位置や大きさに問題があるケース

下あご自体が出てしまっている状態で、下あごの位置や大きさに問題がある場合をいいます。

2.しゃくれの原因って何?

しゃくれの原因って何?

2-1 生まれつき

しゃくれの原因で下あごの位置や大きさに問題があるケースは遺伝的な要因の影響が強いとされています。

あごや骨格は両親の遺伝で引き継ぐことが多いため、生まれつきの原因のことがあるでしょう。

また歯の大きさや形も生まれつきのことが多く、日本人は欧米の人に比べてしゃくれの人が多いようです。

2-2 悪習癖

2-2-1 口呼吸

口呼吸は通常は鼻で呼吸するのに対して口で呼吸してしまうことです。

口で呼吸をすることで、口がぽかんと開いてしまった状態になることも多く、口の周りの筋肉も衰えてきてしまいます。

また、舌の位置も通常は上あごのポコッと出ている部分についているのが正しい位置なのですが、口呼吸をすることで舌が前に出てしまい、下の歯を押してしまうのです。

そのため下の歯の方が出てしまい、しゃくれの原因になってしまうのです。

2-2-2 指しゃぶりや爪かみ

『指しゃぶり』は3歳までは問題ないとされていますが、それ以降も継続的にしてしまうと歯並びに影響を与えてしまうと言われています。

長い期間の指しゃぶりで下の歯に力がかかってしまうと、下の歯が出て来てしまうことがあるのです。

また、爪かみも同様に影響を与え、指しゃぶりをしていた子が指しゃぶりを止めても、口さみしさから爪かみに移行してしまうこともあるので、子供の爪かみも注意して見てあげることが大切です。

3.しゃくれの治療法とは?

しゃくれの治療法とは?


3-1 部分矯正

部分矯正は全体矯正とは違い、一部分だけ装置をつけて歯を動かしていく方法です。

また一部分のみの矯正なので、歯並びがある程度整っている状態でないと適応することができません。

3-1-1 部分矯正の特徴

【1】短期間で治療することができる

歯を一部分だけ移動するので、通常の全額矯正に比べて治療期間を短くすることが出来ます。

お口の状態によりますが、通常の全額矯正の目安が2年~3年程度に対して部分矯正は、半年~1年程度の期間で治療することができます。

【2】治療費用を抑えることができる

 歯を移動する部分が一部分なことと、治療期間が短いので、お口の状態によりますが、平均的に部分矯正の方が、半分~3分の1に費用で矯正することが出来ます。

【3】適応症例が限られている

一部分のみの矯正なので、歯並びが大きく乱れている場合には全額矯正の方が良い場合があります。

適応ではないのに、無理に部分矯正をすると歯並びが整わなかったり、口元が盛り上がった様になってしまうことがあります。

『しゃくれ』の場合で部分矯正ができる場合は少し歯並びが乱れてしまって、下の前歯が1~2本出てしまっているなど軽度の症例の場合です。

部分矯正はメリットも多いのですが、お口の状態によって正しい方法を選択しないと、キレイな歯並びにならないこともあるので、注意が必要です。

3-3 ワイヤー矯正

歴史のある矯正方法でブラケットと呼ばれる装置をつけてワイヤーを通す方法です。

3-3-1 ワイヤー矯正の特徴

【1】どの様なお口の状態でも対応できる

歴史のある矯正方法で歯並びが大きく乱れていてもワイヤー矯正することが出来ます。

【2】どの矯正歯科でも治療することができる

最近では矯正方法も新しいものが出てきています。

ただ、どの矯正歯科でも治療することができるわけではなく、新しい治療は治療できる所と出来ない所があります。

ワイヤー矯正であれば、どの矯正歯科でも対応することが出来ます。

【3】見た目が目立ってしまうことが多い

特に金属のブラケット装置では見た目が目立って気になってしまうデメリットがあります。

最近では、見た目の問題を改善するために裏側に矯正装置をつける方法や透明の審美ブラケットも出てきています。

3-4 場合によっては手術が必要

骨格の問題がある場合には、骨が前に出てしまっているので、矯正治療だけでは改善が難しい場合があります。

その場合には『骨切り』の手術をして出ている部分のあごの長さを調整して理想的な状態にする手術法です。

できる所が限られている他、治療過程に時間がかかるなど大掛かりな治療になります。

4.まとめ

まとめ

しゃくれは見た目の問題が強く、コンプレックスを抱いてしまうことも少なくありません。

また歯並びが原因の場合には、虫歯や歯周病のリスクがあったりと、お口の状態を悪くしてしまいます。

矯正で歯並びを改善することで見た目の問題はもちろん、しっかりと食事をすることができる様になったり、発音の問題が解決したりできます。

しゃくれが気になったら1度矯正歯科で相談してみましょう。

著者紹介

森デンタルクリニック 院長 森 健

ブログ記事ランキング

新着記事

歯の中心がずれている?適切な治療法は?

2018/06/13

歯の中心がずれてしまうと歯並びが悪いという印象を与えてしまいます。お口のバランスは全体的に見て整っていることが大切なので、見た目以外にも色々なデメリットが出てきてしまいます。適切な治療法について詳しくご説明します。

しゃくれってどうやって治す?治療法、原因を紹介!

2018/06/10

下のあごが出てしまっている『しゃくれ』は『下顎前突』とも呼ばれ、うまく発音することが出来なかったり、噛み合わせが悪く、しっかり食べ物をかめない場合もあります。種類によって治療法も変わってくることがあります。治療法、原因をご紹介します。

Eラインを作るのは自力では難しい?Eラインを目指すなら歯列矯正

2018/06/08

Eラインという言葉は、美しい口元の基準とされています。口元は正面から見た印象ももちろん大切ですが、横顔のキレイさも大切でで印象が変わることもあります。今回はEラインの見た目以外のメリットや適切な治療方法について詳しくご説明します。

リテーナーと矯正装置は洗浄するべきなの?洗浄の仕方、注意点とは?

2018/06/06

リテーナーや矯正装置は、清潔にしないと口の中で細菌が繁殖など悪い環境になることや、間違ったケアをすると傷つけてしまい汚れがついてしまうこともあるので注意が必要です。『リテーナーや矯正装置の洗浄の仕方や注意点』について詳しくご説明します。

今流行りのクリアアライナーの費用、期間、特徴とは?

2018/05/18

矯正の治療方法は日々進化していて最近ではマウスピース矯正の人気が高くなってきています。その中でマウスピース矯正に中の『クリアアライナー』が日本で流行ってきているので『クリアアライナー』の特徴やメリット・デメリットについて詳しくご説明します。

MENU

このような患者様にご来院して頂いてます!

▲データで見る当クリニック▲            

LINE 公式アカウントはこちら
▲LINEで予約・お悩み相談できます▲

facebook 公式アカウントはこちら
▲最新情報を随時更新中!▲

twitter 公式アカウントはこちら
▲日々の出来事をつぶやいてます▲

Instagram 公式アカウントはこちら
▲ 診療の合間の院内の様子を公開中▲

YouTube 公式アカウントはこちら
▲診療や治療の様子などを配信中▲

 

  


〒107-0062 東京都港区南青山6-2-9
NYKビル2階

お電話でお問合せ 0120-629-091
受付時間 10:00~18:30 休診日 不定休

運営元:リアルネット